Exception Code.

iPhone、Macと読書が大好き。iPhone・Mac・書評を中心に好きな事を書いていました。今は『ほーくブログ』でブログを書いています。

自力で生き抜く!生き残るためのスキルアップなんていらない – 書評 – 独立国家のつくりかた

      2012/12/12

生活費0円。

それを実現できるのは実家暮らし?はたまたホームレス?

自分の家を持っていてもそれを実現することはできるそうです。

家を持つのはお金がかかるという「幻想」

なぜ人間だけがお金がないと生き延びることができないのか。そして、それは本当なのか。

No.40/2238

 

著者が子供の頃から持っている疑問の答えは、路上生活者の「家」を見た時に見つけられます。

ある路上生活者が、捨てられたゴミを「素材」に変え、所有者のいない土地に家を作り、自家発電までやってのけて生活していたのです。

そこに足りないものは公共の場を利用する。こんな風にして、工夫して生きている姿を目の当たりにした著者は「これだ!」と思うわけです。

 

小さい頃に、家に置いてあったスッポリ体が入るダンボールを改造して1日中暮らしていた僕にとっては、スケールは違えど、この路上生活者が素直に羨ましく感じられました。

今でも、そのダンボール暮らしが印象に残っているからか、大きい家よりも小さい家の方が好きだったりします。学生時代に買った車の借金返済が苦しかったことも重なって、「身の丈以上のモノを買う必要なんてない」という考えを強く持っています。

そういうことからか、著者の意見にはかなり賛同できる部分がありました。

 

そこまで立派なものにはできないけど、家を持つのにお金はかからないという考えは、なかなか面白いです。

 

「増やす」から「減らす」へ

生活費が0円になれば、労働に縛られることがない。自分で人生を選ぶことができる。

何もしたくない人はしなければいい。そんな人はいないから。

労働から解放されるということが使命を全うするための近道になるはず。僕はそう考えている。

No.1993/2238

 

本書で最も個人的パラダイムシフトが起こったのが、お金を増やすことに頭をつかうのではなく、お金を使わないことに頭を使うということ。

世の中には興味をそそるものが無限に存在しています。それを手に入れようと思うと、必然的にお金が必要になります。

 

最近良く目にするのが、「これから日本で生き残るにはどうしたらいいか」という話題。そのためにはスキルを付けて、他の人ができない技術を身につけなければならない、というような話です。

完全な間違いではないかもしれませんが、その主張には財産を「増やす」、または「維持する」ことが前提になっています。

 

本書は全く反対で、生きるために本当に必要な物は何か「思考」する、という観点。生活費を0にするために頭をフル回転させて、必要なお金を最低限に減らすという考えです(減らすというより「無くす」かもしれません)。

この「増やす」から「減らす」という観点に痛く感動してしまいました。

 

大工によって建てられた家に住み、キッチンで料理したものを食べる。そんな「生活の常識」を本気で疑う点が、よくある節約術とは180度違います。

 

でも電気とかどうするの?

単細胞な僕は本書を読み進めながら、0円ハウスに住む自分を想像して「意外と生きていけるじゃん」なんてことを口にしていたのですが、重大なことに気づいてしまいました。

電気です。

僕にとって電気はかなり重要で、「たかが電気」ではなかったりします。Appleが好き。それ以上の説明は不要なはず。

 

狼狽する僕を尻目に、著者の坂口さんはそれも想定済みなようで。

コンピューターをしっかりと使えるような電気システムを12ボルトで構築する。そうすれば電気代ももちろん0円である。

No.2068/2238

 

ただ、インターネットを使おうとすると、どうしてもお金がかかるので、その辺はすこし工夫する必要がありそうです。

公衆Wi-Fiが月額数百円の時代なので、なんとかなりそうではあります。

 

…話が逸れてしまいましたが、電気を「自分で構築する」というのが、そんなことが出来るなんて知らなかった僕にとっては、かなり魅力的です。

「自力で生き抜く」ことを本気で考えた人だけが生き残れるのかもしれません。

 

さいごに

書評で面白いところを抜粋するだけだと、非現実な生活っぽく感じてしまうかもしれませんが、本書は現実とお金を使わない生活を照らし合わせて、今の暮らし方を見直すことが出来る面白い本です。

タイトルで敬遠してたのを後悔しました。

この本を紹介してくれた友人に感謝しつつ、太陽光発電に不向きな北陸地方ではどんな暮らし方があるかを妄想してみたいと思います。

目次(Amazon.co.jp)より

プロローグ ドブ川の冒険
第1章 そこにはすでに無限のレイヤーがある
第2章 プライベートとパブリックのあいだ
第3章 態度を示せ、交易せよ
第4章 創造の方法論、あるいは人間機械論
終 章 そして0円戦争へ
エピローグ 僕たちは一人ではない

 

 - 書評

  関連記事

子どもの時に持っていた情熱を燃やし続ける方法 – 理系の子

HONZで2012年No1書籍として注目を浴びた「理系の子」。お正月休みを利用し …

ノマドに憧れるサラリーマンに送る、ノマドがノマドであるための思考法

Freedom / Josef Grunig 最近よく耳にする用になったノマドと …

表裏一体の化学 -書評- マリス博士の奇想天外な人生

  なにこれすごい本の真髄を見てしまいました。 キャリー・マリス。DNA増幅装置 …

ちょっと「本読み」になってきた時に読む本 -書評- 実践!多読術

本を本格的に読み始めて約2年。@hawk_aです。 2年ほど読んでいても、「本読 …

得意と弱点で自分が見える。何もかも上手くいかない人は自分の「才能」を知らない人 -書評- さあ、才能に目覚めよう

Lions, Krugersdorp game reserve / Derek …

【現在】モノを捨てて世界に出るにはワケがある。【未来】

アプリの大人買い! どうも、やっぱ最後は経験だと信じて疑わない@hawk_aです …

【電子書籍】自炊を時間的にも精神的にもスムーズに行うためにやっておきたい最低限の設定

[blackbirdpie url=”https://twitter …

プロブロガーが書くテクニック本は、読む人の心の中にまで想いをエントリーするほどのものだった

Professional Building, Miles City / dave …

すがたを消した数学者 -書評- 完全なる証明

数学には難問があって、証明した時に大きなニュースになるということは記憶に新しいと …

最近よく聞く「ノマド」について -書評- ノマドと社畜

長時間の電車に揺られる旅に備えてKindleで購入した本書。 最近僕のTLは著者 …