Exception Code.

iPhone、Macと読書が大好き。iPhone・Mac・書評を中心に好きな事を書いていました。今は『ほーくブログ』でブログを書いています。

今回ばかりは耳が痛い…「ムダな努力」の話 -書評- このムダな努力をやめなさい

      2012/12/15

DSC01159.JPG

いつも「刺激的!」と笑いながら読んでいた成毛眞さんの本ですが、今回ばかりは耳が痛かった…。

会社員になったことでそうなったのか、はたまた元々ムダな努力家だったのかはわからないけど、とても痛い所を突いてくる。けれど、読み終わった時、ふわっと体が軽くなりました。

成毛眞さんの新刊、「このムダな努力をやめなさい」は、「自分には可能性がある」という根拠のない自分への期待のようなものを粉々に打ち壊します。

 

「しなくちゃいけない」病?

ネットサーフィンをよくしている人はとっても分かると思うのですが、時間管理で仕事がデキるビジネスパーソンになろう!的な記事や、質の良い短時間睡眠で時間を有効に使おう!的な記事が話題になったりします。

んで、真面目な人はそれを読んで、時間管理をしなくちゃいけないとか、寝過ぎてる自分はダメだ。とか、思って時間管理とか短時間睡眠とかを始めてみるわけです。

そして当然のように上手く行かない。自己嫌悪。そんなこともできない自分は成功からは程遠い存在だ。なんて思ってしまうわけ。

完全に自分のことですこれ。

なにかを「しなくちゃいけない」と、いつも考えてしまってなんかいつもモヤモヤしてしまうのです。

 

来るべき時を待つ

サラリーマンの場合、配属される部署や上司によって、出世できるか否かが大きく左右される。基本的に能力には関係なく、運で自分の会社人生は決まる。

P.85

もちろん自分を高めれば「成長」なんてものができるかもしれません。けど、最後にその成長を形にできるのは、自分じゃなく周りの人間や環境。

 

だが、不利な要素が重なったからといって、それほど悲観する必要はない。小さな負けを重ねておいて、最後に大きく勝てばいい。

P.85

デキる人は最初からデキるし、苦手なことを何度もやって得意になろうとするのは「ムダな努力」だと成毛さんは言います。

そう考えると、やるべきことは苦手なことを得意にすることじゃなくって、なにをやってたら楽しいかを認識することなんじゃないかと思います。

 

なんだかんだ「好き」って大事なんじゃないかなって。

好きなことを深く探求する。

そのほうが楽しいに決まっている。

それこそ今、やるべきことなのである。やがてそれが自分の武器となるかもしれない。自分の身を助けることにもつながることもあるだろう。

P.40

楽しく何かを学んでいると、学んだことがすぐに頭に入ってくる経験は誰にでもあるんじゃないでしょうか。

会社でiPadのアプリを作っていた期間があるのですが、その間はやっぱり興味があるから楽しくて、結構帰りが遅くなったりもしましたが、あまり苦にもならず、覚えたことがガンガン頭に入りました。

その時ばかりは「好き」のパワーって絶大だ。と感じました。

「好き=仕事にする」なんて甘いんだよ!なんていう人もいますが、好きじゃないことより好きなことをしたほうがパフォーマンスが上がることは明らかなので、なんだかんだ「好き」って大事だと身を持って感じました。

 

さいごに

成毛さんの本を読み終わった時、必ず、

「なに小さいことで悩んでんだ?」

とハッとします。周りが見えてないんだなー。と、そこで初めて気づきます。

常にそんな気持ちでいたいのですが、なかなかそうもいきません。そんなときに救いの手を差し伸べてくれるスゴ本がまた1冊増えて嬉しい限りです。

 

はじめに 人生を“消耗”する前に考えておきたいこと

1章◎“努力家”が知っておくべき10のこと
2章◎「ムダな努力」と縁を切る、12のルール
3章◎仕事は、「ラク」をしないと成果は出せない
4章◎ここで分かれる「面白い人生」「つまらない人生」

 - 書評

  関連記事

目からうろこの思考法!「WHAT」ではなく「WHY」から始めよ! -書評- WHYから始めよ!

何かを始める時の動機はいろいろあると思うけれど、上手く行くときと行かない時がもち …

得意と弱点で自分が見える。何もかも上手くいかない人は自分の「才能」を知らない人 -書評- さあ、才能に目覚めよう

Lions, Krugersdorp game reserve / Derek …

すがたを消した数学者 -書評- 完全なる証明

数学には難問があって、証明した時に大きなニュースになるということは記憶に新しいと …

目的を持たない人に成功なんてありえない -書評- リーダーの値打ち 日本ではなぜバカだけが出世するのか?

只の組織批判本と思うなかれ。 「組織」における「自分」を理解するにはうってつけの …

イノベーション仕事術 小さな決断で大きな成果を出すために大切な力

  竹中式 イノベーション仕事術 posted with ヨメレバ 竹中 平蔵 …

禁煙できない理由 -書評- 急に売れ始めるにはワケがある

心の芯の部分を何度も何度もつついてくれた名書、WHYから始めよ!ですが、そこに登 …

「空気を読む」より、他人の心を理解する。人間通に、オレはなる! -書評- 人間通

 どうも、@hawk_aです。 とある展開で営業をしている僕ですが、やはり人の気 …

ネットで活動するために知っておくべきこと -書評- 素人の顧客の意見は聞くな

著者はサイトの運営などのコンサルタントをやっている永江一石さん。ブログ「More …

子どもの時に持っていた情熱を燃やし続ける方法 – 理系の子

HONZで2012年No1書籍として注目を浴びた「理系の子」。お正月休みを利用し …

表裏一体の化学 -書評- マリス博士の奇想天外な人生

  なにこれすごい本の真髄を見てしまいました。 キャリー・マリス。DNA増幅装置 …