Exception Code.

iPhone、Macと読書が大好き。iPhone・Mac・書評を中心に好きな事を書いていました。今は『ほーくブログ』でブログを書いています。

読書好き著名人のオススメ本が気になる人へ -書評- 野蛮人の図書室

      2012/12/09

Japanese Macaque - 03 Japanese Macaque – 03 / Kabacchi

野蛮人。

どうも、@hawk_aでございます。 なぜかプログラマーなのに営業してる僕は野蛮人なのかもしれません。

読書好きが書く本を読書するのが好き

本が好き。そう胸をはって言えるみなさんは僕と同じ気持ちのはずです。 

みんなどんな読み方してんの?

って気になるでしょ??

小飼弾さんの「新書がベスト」だったり、 成毛眞さんの「本は10冊同時に読め!」だったり。

そんな中で、新しい読書の視点を与えてくれたのが佐藤優さんの「野蛮人の図書室」であります。

歴史だったり世界のことだったりというのは、興味があるけれどもレベルが高いものを読んでしまうと、「意味が分からない」状態になります。僕の場合、残念なことに小学生のときからの歴史アレルギーのせいで、新書レベルの歴史本でも頭に入りません。

人物名を覚えるのがカメムシの次に苦手です。

Suspicion Suspicion / AinisR

著者はそんな僕にやさしい手を差し伸べてくれます。 本はこれを読むのがいいんだよ。というものに加えて、この本はこういうふうに読むといいんだよ。と1ジャンルに付き2冊、4ページで説明までしてくれるのです。

昨年は130冊ほど本を読みましたが、手に取る本はどこか似たような種類のものになってしまいます。 小飼さんと成毛さんの本でも、違うジャンルを読むべき! と書かれていますが、どう読んでいいのかということを深く書かれてないです。

この本を手にとったときに、「あ、読みたいかも」 と思えたものがいくつかあったので、そこから攻めていこうと思います。

一番興味を持った本は、「余暇と祝祭」という本。

 余暇はギリシャ語ではスコレー、ラテン語ではスコーラ、ドイツ語ではシューレ(学校)となります。 つまり、ドイツ人が教養、あるいは人格形成の場をさすのに用いている言葉自体が、余暇を意味しているのです。

けっ、結構衝撃的。

今は資本主義社会となっているため、労働があって余暇があるという考えになってしまったそうです。 もともとは労働は苦役で、人生の目的は余暇を増やすことにあったとのこと。

ニート歓喜!

でもその考え方がじわじわと戻ってきているのを感じます。 高城剛さんも新刊で「時間を作るために起業するのはアリ」というようなことを言っていました。

 

読みたい本が増えたということです

Bookworm Cafe 2 Bookworm Cafe 2 / stephenrwalli

2012年を迎えて半月ですが、昨年に比べてあんまり本を読めてないので読みたい病がやってきてます。 仕事だなんだというより、時間の使い方を見直して本を読める時間を増やしたい!

と思っていますが、朝起きたら目覚ましを止めてスヌーズを数回やり過ごしてしまうのが現状です。

朝起きれる人はどうやって起きてるのか気になって眠れない@hawk_aでした。

 - 書評

  関連記事

表裏一体の化学 -書評- マリス博士の奇想天外な人生

  なにこれすごい本の真髄を見てしまいました。 キャリー・マリス。DNA増幅装置 …

ノマドに憧れるサラリーマンに送る、ノマドがノマドであるための思考法

Freedom / Josef Grunig 最近よく耳にする用になったノマドと …

デキる人とかデキない人とかよりも、自分の夢がないことの方が問題なのです

Design Pattern Business Cards / Michael …

真の「勉強上手」が教える、常識にとらわれない3つの考え方 -書評- 勉強上手

世の中には人の数だけ「考え」があります。 僕が「最高に好きだ!」と胸を張って言え …

「昭和史」は日本人なら絶対に読むべき一冊。戦争から僕たちが学べること

「昭和史」初めの20年は、1に戦争2に戦争です。 戦争に対するイメージなんて、「 …

楽しんで読書できるようになるまでの本 -書評- 新書がベスト

やっとこの本を「自信をもって」紹介できます。 小飼弾さんの書いた「新書がベスト」 …

ホリエモンが刑務所で読んだ本を厳選して紹介 – ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた

約1年9ヶ月、刑務所で服役して出所してきたホリエモンこと堀江貴文さんですが、なん …

禁煙できない理由 -書評- 急に売れ始めるにはワケがある

心の芯の部分を何度も何度もつついてくれた名書、WHYから始めよ!ですが、そこに登 …

最近よく聞く「ノマド」について -書評- ノマドと社畜

長時間の電車に揺られる旅に備えてKindleで購入した本書。 最近僕のTLは著者 …

面白い書評を書く人が紹介する「もっと面白い本」

どれだけ読んでも飽きないジャンルの本があります。本について熱く語る本、いわゆる「 …