Exception Code.

iPhone、Macと読書が大好き。iPhone・Mac・書評を中心に好きな事を書いていました。今は『ほーくブログ』でブログを書いています。

成功は運から生まれる -書評- 山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた

      2012/12/15

祝・初日本版Kindle購入本。購入「本」というよりは「権利」なのかもしれませんが、とにかくこの本をKindleストア初購入できて良かったです。

現在Kindleストアなら紙の本より200円ほど安くなってます。

一言でいえば運が良い人

iPS細胞の研究者である山中伸弥さんがノーベル賞を受賞したので、iPS細胞というよりは、「山中伸弥」という人間を知りたくってこの本を手に(?)取りました。

読んでいる時に感じたのは、この人は運がとてもいいなぁということ。iPS細胞の発見からノーベル賞の受賞まで、間違いなく「運」の要素が強く働いています。

足を向けて寝られない人がたくさんいるんです。いろんな人に支えられてできたiPS細胞です。

No.1340/1656

これくらい。

今まで、こういう業績って個人の力がモノをいうと思っていたので、結構価値観が変わりました。

 

でもやっぱ熱中しないと運は来ない

「運が良くてノーベル賞を受賞しました。」じゃ、ただの運自慢の本で終わってしまうわけですが、そんなわけはなく、山中さんが何故運を手にできたかもこの本を通して知ることができます。

熱中すること

これです。

iPS細胞の技術を、一日も早く患者さんたちに役立てたい。そのためにこれからも一生懸命研究し続けたいと思っています。

No.1216/1656

何かに熱中しているうちに、知らずに知識が付いてしまうというのは誰にでもあると思います。そうやって1つのことに夢中になっているからこそ、運を掴めるんだと思うし、何かを成し遂げられるのだと思います。

 

ここで言う「運」とは、宝くじを買って当たるのを待つという意味ではなく、熱中しているからこそ「掴めるチャンス」みたいなものだし、そのチャンスを掴むためにも熱中できることを持つというのは大切だなぁと。

 

月並みの意見だけどこれが結構難しい

そんなこんなで本書を読んで感じたことは結構平凡なことでしたが、結構熱中するってことは難しいです。

山中さんは「ジャマナカ」と呼ばれたりしましたが、自分の「想い」とか「苦悩」に正直に向き合っていたし、それを消そうとせずに向き合うことで心の火を燃やし続けていました。消えかけたことがあれども。

そういう人間臭さというのを、僕のような普通の人間が共感できるから、この本をおもしろいと思えたのです。

 

こんなに偉大な人の本を読んでいるのに、同じ目線で感想が書けるというのが「共感」できることを物語っています。

こういった本はなかなか珍しいんじゃないかなぁ。

目次(Amazonより)

第1部 「iPS細胞ができるまで」と「iPS細胞にできること」(走り方が変わった
医師を志す
勝敗より大切なこと
神戸大学医学部へ
ジャマナカ ほか)

第2部 インタビュー(飛ぶためにかがむ
トップジャーナルのハードル
紙一重でできたiPS細胞
初期化の有無を調べる
「しおり」と「黒いシール」 ほか)

 - 書評

  関連記事

結構有名人のイメージが変わった! 『「有名人になる」ということ』を読んだ

最近勝間本を読むようになった@hawk_aです。 今回は『「有名人になる」という …

タイプを知るとあの人がわかる! コミュニケーションの質を高める3つのタイプ -書評- やる気を引き出す会話のマジック

会話大好き@hawk_aです。 会話してても「いきなり何言ってんの?」とか「何言 …

お金についてマジメに考える -書評- 投資家が「お金」よりも大切にしていること

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書) posted with …

自分メディア、発信!アウトプット力を高めるには空→雨→傘を意識しよう -書評- 効率が10倍アップする 新・知的生産術

Sky / monkeyatlarge どうも、iPadより注目を浴びたい@ha …

プロブロガーが書くテクニック本は、読む人の心の中にまで想いをエントリーするほどのものだった

Professional Building, Miles City / dave …

【現在】モノを捨てて世界に出るにはワケがある。【未来】

アプリの大人買い! どうも、やっぱ最後は経験だと信じて疑わない@hawk_aです …

ちょっと「本読み」になってきた時に読む本 -書評- 実践!多読術

本を本格的に読み始めて約2年。@hawk_aです。 2年ほど読んでいても、「本読 …

子どもの時に持っていた情熱を燃やし続ける方法 – 理系の子

HONZで2012年No1書籍として注目を浴びた「理系の子」。お正月休みを利用し …

【ブレーキから】「やりたいこと」が見つかる人は、心のカベを壊してる人【アクセルへ】

  No First Life〜お前はもう死んでいる〜 どうも、嵐が去 …

なんのための「人」で、なんのための「社会」?働かざるもの飢えるべからず

Soft Baby Blue tissue / Golden_Ribbon ティ …