Exception Code.

iPhone、Macと読書が大好き。iPhone・Mac・書評を中心に好きな事を書いていました。今は『ほーくブログ』でブログを書いています。

真の「勉強上手」が教える、常識にとらわれない3つの考え方 -書評- 勉強上手

      2012/12/19

A1380 000374 m

世の中には人の数だけ「考え」があります。

僕が「最高に好きだ!」と胸を張って言えるくらい面白い考え方をしている人がいます。

元マイクロソフト日本法人社長の成毛眞さんです。

この方が書いた本は目次を見るだけでもワクワクしてくるので、ちきりんさんと同じく、新刊が出る度に買っちゃいます。

スティーブジョブズに対する考え方もめちゃくちゃ面白かったんですが、今回もかなり面白かったです。

今回のテーマは「勉強上手」。世の中の常識とかけ離れた成毛さんの「考え方」を紹介させていただきます。

 

1.ムダは無駄じゃない

その好きなことや得意なことは、人から見ればムダなことかもしれない。

それをムダだと決めつけて排除してきたのが、今までの世の中だ。

だが、それこそが、これからの時代は武器になるのだ。

via.P5

 

駅の警備員をしていた佐藤修悦さんは、工事の誘導をするために数色のガムテープを使って案内を作っていたところ、「アートのような文字に見える」とネットでウワサになったそうです。

徐々にファンが増えて、本やTシャツまでもが発売されました。

その文字は佐藤さんの名前から「修悦体」と名付けられました。GoogleIMEで「しゅうえつ」と打ってみると、きちんと変換候補に出ます。

 

これは誰に頼まれたわけでもなく、佐藤さんが自ら「好き」でやったこと。

効率だけを求めて、案内板や駅内放送で終わらせていたら、ここまでのことは決して起こりませんでした。

「ムダ」なことというのは結局「人と時間を使う」ことです。

人に頼らずに機械でムダを省くのはもちろん大切なことですが、人の心を動かすのは、一見ムダだと思いがちな「人と時間」なのだと思います。

 

Wikipediaで佐藤さんを調べてみたところ、あのEvery Little ThingのPVに出演までしてるらしいです。すげえ。

 

2.ネットもテレビも新聞も

日本人は3パターンに分けることが出来ると成毛さんは言います。

 

A.インターネットはほとんど使わず、テレビ、新聞、雑誌が主な情報源の人

B.毎日ネットもSNSもやるし、テレビや新聞も見る人

C.ネットのヘビーユーザーで、情報源はほぼ100%ネットの人

 

成毛さんは、AとCの人は共通して感性が鈍いと言っています。

判断できるツールが偏っていると、考える力が身につかず、ただ風に吹かれる人間になってしまう危険があるそうです。

 

僕もほぼすべて情報はネットになってきています。確かに「マスメディアは信用出来ない」というネットユーザーの声に翻弄されているのかもしれません。

大切なのは、「考えて」情報をつかみに行くことなのだということです。この部分は改める必要があるなぁ。と反省しています。

 

ちなみに、本書では成毛さんのオススメTV番組も紹介されています。

 

3.本の内容は忘れていい

僕は本を読む方だと思っているのですが、結構内容を忘れやすいです。

こうやってブログに書いている部分は結構覚えているのですが、それ以外の部分は読んで数週間でかなり忘れてしまいます。

結構こういう人は多いんじゃないかと思います。

 

超が付く読書家の成毛さんはそのことについて、こう言っています。

その情報に触れたとき、自分がどう思うか、どう感じるかという感性や思考が大切なのだ。

今までAという考えしか持っていなかった人が、Bという情報を本から仕入れてCという考えを持つようになる。

via.P154

 

確かに本の内容は忘れても、何かのキッカケで本の内容を思い出したり、知らぬ間に本の内容を実践していることが結構あります。

 

いつの間にか行動や考え方が変わっているということです。

 

ふと読み終わった本を再読すると、自分がかなり影響を受けている部分が見つかったりして、嬉しい+驚きます。

 

これが結構気持ちいいんです。「あー、この本に影響受けてたのね!」と。

 

IMG 5103

 

さいごに

今回も成毛さんのびっくりする考えに驚かされっぱなしでした。

「何かの行動にはWhyが必要だ!」と書いてある本の次に「目標なんていらない。好きなことをやれ!」と書いている本を読むという、あまのじゃくもびっくりな展開です。

 

が、大切なのはいろんな人の考えに触れることだと思っています。

それが自分の中でぐちゃぐちゃに混ぜ合わさって「オリジナル」な考えが生まれるんじゃないかと。

 

なにより人の考えを聞くってホントに面白い。この本の成毛さんもキレッキレでした。面白かったです。

 

目次(Amazonより)

第1章 得意分野だけが武器になる理由
芸が身を助ける時代になった
オールラウンドにできる人を目指すな ほか

第2章 もう努力は必要ない
記憶力を高める時代は終わった
必要のない英語、セミナーに時間を割く人が多すぎる ほか

第3章 これだけ読めば充分!勉強法ブックガイド
『「超」勉強法』野口悠紀雄 『竹中式マトリクス勉強法』竹中平蔵 ほか

第4章 「得意」を最短で最強にする方法
要となる情報リテラシーはこう身につける
ツールは最小限のものを使いこなせ ほか

 

 

 - 書評

  関連記事

なんのための「人」で、なんのための「社会」?働かざるもの飢えるべからず

Soft Baby Blue tissue / Golden_Ribbon ティ …

「役に立つ」ことほどムダなことはない -書評- dankogai本×2

小飼弾氏の2冊を読んで、わかりました。 「中卒」でもわかる科学入門 &#8220 …

結構有名人のイメージが変わった! 『「有名人になる」ということ』を読んだ

最近勝間本を読むようになった@hawk_aです。 今回は『「有名人になる」という …

ネットで活動するために知っておくべきこと -書評- 素人の顧客の意見は聞くな

著者はサイトの運営などのコンサルタントをやっている永江一石さん。ブログ「More …

自分メディア、発信!アウトプット力を高めるには空→雨→傘を意識しよう -書評- 効率が10倍アップする 新・知的生産術

Sky / monkeyatlarge どうも、iPadより注目を浴びたい@ha …

表裏一体の化学 -書評- マリス博士の奇想天外な人生

  なにこれすごい本の真髄を見てしまいました。 キャリー・マリス。DNA増幅装置 …

すがたを消した数学者 -書評- 完全なる証明

数学には難問があって、証明した時に大きなニュースになるということは記憶に新しいと …

デキる人とかデキない人とかよりも、自分の夢がないことの方が問題なのです

Design Pattern Business Cards / Michael …

生き抜くのは今日か、未来か -書評- 企業が「帝国化」する

先日のGoogle Reader終了のニュース。 無数にあったRSSリーダーを淘 …

プロブロガーが書くテクニック本は、読む人の心の中にまで想いをエントリーするほどのものだった

Professional Building, Miles City / dave …