Exception Code.

iPhone、Macと読書が大好き。iPhone・Mac・書評を中心に好きな事を書いていました。今は『ほーくブログ』でブログを書いています。

宇宙兄弟を読む手が止まらないから砂漠はまだ歩けない

      2013/04/10

宇宙兄弟を読んでます。今14巻まできてますが、かなり気になる展開でこのまま20巻までまっしぐら確実です。

舞台が2025年辺りで、今から10年後ならもっと民間の宇宙開発が進んでるだろーと思うのですが、単純に物語として面白いです。

 

宇宙と言えば、僕の恐ろしくミーハーな性格は高校生から健在だったようで、大学受験の時期に偏差値の下落が止まらず心配してくれていたかもしれない担任に急に「宇宙へ行きたい」とか言い出す笑止千万なあの日を思い出しました。

大学に入って放送大学とやらを履修する必要があったのですが、その時に選択したのが「進化する宇宙」。

まるで進化しない僕にとって皮肉以外のナニモノでもないのですが、どのような形であれ宇宙には何か縁のようなものがあるようです。宇宙に失礼です。

 

さて、全く関係のない話になってしまいましたが、この宇宙兄弟、講談社のモーニングKCで連載されているものだそうです。モーニングKCといえば名作「ナニワ金融道」も一気読みしちゃう面白さで講談社とは相性が良い気がしています。

 

またもや話が逸れそう。宇宙兄弟ですが、10巻を超えた辺りから「やりたいことを貫き通そう」という姿勢が増えてきてますが、それぞれのメンバーには違和感を感じながらも培ってきたそれなりに強力な能力があり、それが功を奏するということが多々あるので、文面どおりに受け取っちゃうと一気に気分が落ち込みます。

ですが行間から読み取れるそんなこととは別に、いろんな人間関係を見てると生きるヒントなんかも散りばめられているような気がして、作者の小山さんがどんな人なのか、というのがそろそろ気になり始めています。

 

僕は昔からなのですが、技術とか能力そのものに興味を持つというよりはその人そのものがどんなことを考えてるか、どんな生き方なのか、気になるあの子も鼻水を垂らすのか、という、人間そのものの方にどうしても目が行ってしまう性格のようです。

だから人と話していてもなんか会話の軸がずれてしまうので、とても申し訳ない気持ちになります。

でも人は好きです。めんどくさいです。

 

そんな僕だからか、本にすがりつくようになるのは必然のような気がしています。言いたいメッセージを含ませて書かれる「本」というツールは、なかなかのオアシスとなってくれています。

でもビタミン不足になって死なないように、目の前という砂漠も歩かなきゃいけないこともわかっています。

この本を読み終わったらちょっと砂漠でも散歩してみようかな、って気にさせてくれる本です。続き気になる。

 - 書評

  関連記事

生き抜くのは今日か、未来か -書評- 企業が「帝国化」する

先日のGoogle Reader終了のニュース。 無数にあったRSSリーダーを淘 …

目的を持たない人に成功なんてありえない -書評- リーダーの値打ち 日本ではなぜバカだけが出世するのか?

只の組織批判本と思うなかれ。 「組織」における「自分」を理解するにはうってつけの …

デキる人とかデキない人とかよりも、自分の夢がないことの方が問題なのです

Design Pattern Business Cards / Michael …

読書好き著名人のオススメ本が気になる人へ -書評- 野蛮人の図書室

Japanese Macaque – 03 / Kabacchi 野 …

「伝える」ために必要なことはすべて手塚治虫に学べる -書評- ぼくのマンガ人生

この前書店に行ったら、「岩波新書 30選」なる素敵企画が開催されていました。 い …

この際ジョブズはどうでもいい!「成毛眞のスティーブジョブズ超解釈」をむさぼり読んだ

久々に読書で声出して笑いました。ほーく(@hawk_a)です。 完全に「スティー …

【電子書籍】自炊を時間的にも精神的にもスムーズに行うためにやっておきたい最低限の設定

[blackbirdpie url=”https://twitter …

信じられないほど簡単にオブジェクト指向って何?を解決してくれる本

「俺がやらなきゃ誰かやる」が合言葉の社会に生きている僕です。分からないことを分か …

「楽しさ」は「考え」の先にある。世界を歩いて考えよう!

  社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう! posted with ヨメレバ ち …

子どもの時に持っていた情熱を燃やし続ける方法 – 理系の子

HONZで2012年No1書籍として注目を浴びた「理系の子」。お正月休みを利用し …