Exception Code.

iPhone、Macと読書が大好き。iPhone・Mac・書評を中心に好きな事を書いていました。今は『ほーくブログ』でブログを書いています。

宇宙兄弟を読む手が止まらないから砂漠はまだ歩けない

      2013/04/10

宇宙兄弟を読んでます。今14巻まできてますが、かなり気になる展開でこのまま20巻までまっしぐら確実です。

舞台が2025年辺りで、今から10年後ならもっと民間の宇宙開発が進んでるだろーと思うのですが、単純に物語として面白いです。

 

宇宙と言えば、僕の恐ろしくミーハーな性格は高校生から健在だったようで、大学受験の時期に偏差値の下落が止まらず心配してくれていたかもしれない担任に急に「宇宙へ行きたい」とか言い出す笑止千万なあの日を思い出しました。

大学に入って放送大学とやらを履修する必要があったのですが、その時に選択したのが「進化する宇宙」。

まるで進化しない僕にとって皮肉以外のナニモノでもないのですが、どのような形であれ宇宙には何か縁のようなものがあるようです。宇宙に失礼です。

 

さて、全く関係のない話になってしまいましたが、この宇宙兄弟、講談社のモーニングKCで連載されているものだそうです。モーニングKCといえば名作「ナニワ金融道」も一気読みしちゃう面白さで講談社とは相性が良い気がしています。

 

またもや話が逸れそう。宇宙兄弟ですが、10巻を超えた辺りから「やりたいことを貫き通そう」という姿勢が増えてきてますが、それぞれのメンバーには違和感を感じながらも培ってきたそれなりに強力な能力があり、それが功を奏するということが多々あるので、文面どおりに受け取っちゃうと一気に気分が落ち込みます。

ですが行間から読み取れるそんなこととは別に、いろんな人間関係を見てると生きるヒントなんかも散りばめられているような気がして、作者の小山さんがどんな人なのか、というのがそろそろ気になり始めています。

 

僕は昔からなのですが、技術とか能力そのものに興味を持つというよりはその人そのものがどんなことを考えてるか、どんな生き方なのか、気になるあの子も鼻水を垂らすのか、という、人間そのものの方にどうしても目が行ってしまう性格のようです。

だから人と話していてもなんか会話の軸がずれてしまうので、とても申し訳ない気持ちになります。

でも人は好きです。めんどくさいです。

 

そんな僕だからか、本にすがりつくようになるのは必然のような気がしています。言いたいメッセージを含ませて書かれる「本」というツールは、なかなかのオアシスとなってくれています。

でもビタミン不足になって死なないように、目の前という砂漠も歩かなきゃいけないこともわかっています。

この本を読み終わったらちょっと砂漠でも散歩してみようかな、って気にさせてくれる本です。続き気になる。

 - 書評

  関連記事

ネットで活動するために知っておくべきこと -書評- 素人の顧客の意見は聞くな

著者はサイトの運営などのコンサルタントをやっている永江一石さん。ブログ「More …

ネコよりねこ背な僕でも5秒で改善!「ねこ背は治る! 知るだけで身体が改善する4つの意識」

ねこ背は治る! ──知るだけで体が改善する「4つの意識」 posted with …

相談されることはもっと評価されるべき – オタクの息子に悩んでます

人生相談は知的格闘技である と帯にもある通り、人生相談の回答を出すというのはとて …

アメリカ大統領選挙は間接選挙!? – 書評 – 池上彰の政治の学校

人生最初で最後の赤点は社会でした。@hawk_aです。 ホントに生まれてこのかた …

【電子書籍】自炊を時間的にも精神的にもスムーズに行うためにやっておきたい最低限の設定

[blackbirdpie url=”https://twitter …

自力で生き抜く!生き残るためのスキルアップなんていらない – 書評 – 独立国家のつくりかた

生活費0円。 それを実現できるのは実家暮らし?はたまたホームレス? 自分の家を持 …

真の「勉強上手」が教える、常識にとらわれない3つの考え方 -書評- 勉強上手

世の中には人の数だけ「考え」があります。 僕が「最高に好きだ!」と胸を張って言え …

世界を救うユーグレナ -書評- 僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。

株価がグイーンと上がっている東大発のバイオベンチャー「ユーグレナ」社。 成毛眞さ …

お金についてマジメに考える -書評- 投資家が「お金」よりも大切にしていること

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書) posted with …

ノマドに憧れるサラリーマンに送る、ノマドがノマドであるための思考法

Freedom / Josef Grunig 最近よく耳にする用になったノマドと …